いつもありがとうございます。

  

12月1日から予選が始まった3年生のTOMAS大会ですが、15日の日曜日にすべての日程を終了しました。

結果は優勝という形で 今年最後の公式大会を終えることができました。

去年に続いての勝利ですので二連覇達成です!!

  

4月から 小学3年生たちと一緒にトレーニングを行っておりますが、低学年ってこんなに伸びるんだなぁと週毎に驚かされています。 驚かされない時もあります。

トレーニングについては、海外や他のクラブで中学生や高校生を担当することが多かったので、その年代までに身につけて欲しいことや、その先の年代へと繋がるトレーニングを意識しています。

が、まだまだ小学3年生ですのでトレーニング意識や身体能力の低い選手が多いことも現状です。意識の面は自分がやればいいのですが、身体能力の面で面白い成長があったので 少し紹介させてください。

  

グラーナには走り方を担当してくれる鷲野コーチと、身体の使い方や体幹、体軸、身体全体をケアしてくれる土屋コーチがいます。
二人とも鍼灸の国家資格を持っている人体を理解するプロです。

  

  

走り方は月に1度、身体については週に1度、身体能力の低い特徴がある彼らのために コーチングチームとして取り組んでもらいました。

  

はじめは、サッカーのトレーニングとは別メニューでしたので イベント感覚で受けていた選手たちも、3ヵ月もすると見ているこちらがはっきりと分かる程 効果が出始めていました。 すると、選手自身も自身の身体が良い方向へと変わっていっていることを実感できたようで、更に真剣に取り組むようになりました。

  

4月からはじめて8カ月後の11月に、再度 50m走を計測。

まずは、9秒台の選手がいなくなり、全員が8秒台へ、7秒台に突入した選手もでました。 
選手によっては1秒以上タイムが縮んだ選手もでて、身体がつよくなったと主観的に感じていたものが、数字によって客観的にも自身の成長を感じることができ、自信に繋がったと思います。

  

今回、ブロック大会でこのような結果を得ることができたのも、選手を日々支えている保護者の方や上記のコーチたちのサポートと、それを真剣に頑張ることができる選手の力だと思います。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

黒木

  

※鷲野コーチはスプリントクラスの担当ですのでどなたでもご参加いただけます

※土屋コーチのクラスは現在調整中です、少々お待ちください