私生活とサッカーの関わり

Susung Yangブログ0 Comments

ご無沙汰しております。スソンコーチです。
早速ですが、細かいことを省き本題に入らさせていただきたいと思います(笑)

このようなテーマや内容を目にすることは多くあるかと思いますが、では具体的にどのようなことがあり、実際にグラーナではどのようなやりとりがあるのか?ご紹介させていただきます。

◇U12高学年クラスでのひとコマ◇

トレーニング中には、小さい大きい問わず状況判断を迫られるような場面が多々あります。(意図的にわかりやすく出るようにしています。)

例えばトレーニングの説明後グループ分けをして、各ステーションに均等に人数が分かれるようにと促した時、一向にグループが分かれません。
仲の良いプレーヤー同士が固まってしまい偏った人数編成となり、スムーズにトレーニングへ移れないことがあります。

人数がある程度揃わない限り、そのトレーニングを進行させることができないので無駄なタイムロスが生じ、練習時間が限られている以上は一番楽しみな最後のゲーム時間が削られます。
その他でも、話を聞かずにいざ練習に入っても内容(やり方)がわからず再度説明のタイムロスなどなど・・・これらの積み重ねが最終的には自分たちに大きなデメリットをもたらすことを、ゲーム後に気付くことになります。
ここでいうデメリットは、状況判断を誤りゲームの時間を自ら失う、ということです。

これを私生活に例えてこんな話をしました。

2階建ての家に住んでいて、火事になりました。
2階で既に火の手が回り逃げ道を失った状況で一刻を争うとき、そのような状況でもパニックにならずに足を折ってでも飛び降りることしか生きる方法はない!と決断し行動に移すのか、それとも決断・実行できずにそのまま命を落としてしまうのか・・・

極端過ぎる例えと言われればそれまでですが(特に後者はデメリットという表現は適正ではありませんが)、それをサッカーに置き換えると、大事な公式戦など試合の価値が大きくなればなるほど緊張感が増し、平常を保つことが困難になります。
その中でどれだけ冷静に、大胆にプレー出来るかが問われるようになります。

身体がストップしていても思考まで停止させないこと、ボール扱う時間以外でも、「頭の休息」与え過ぎないように工夫しています。

グループ分けの時の、顔見知りの輪から離れるというちょっとした勇気、決断力、行動力があれば状況は飛躍的に変化し、一歩前進するキッカケとなるはずです。

とは言えこの「ちょっとしたこと」は、理屈ではわかっていても行動に移すことの難しさは大人でも理解しています。

◇幼児クラスで多く見かける場面◇

トレーニング場へ着くやいなや、袋からボールを取り出しその袋をその辺に投げて捨ててピッチに入って来る子がいました。

・その袋は本来誰が管理しなければいけないのか?
・仮に強風で袋が飛ばされてなくなったらどうするのか?
・誰が働いて、お金を出して買ったものなのか?
・袋のひとつも管理できない人が、試合中に活躍できるのか?
などなど、分かりやすく話しながらモノを大切に扱うことの重要性を伝えています。

たまにロボットが作業したかのように寸分の狂いなくカバンが並べられている光景を目にしますが、個人的には最低限のルールだけ設けて、自分である程度管理してどこに何があるかということが把握出来ていれば上出来かなと思います。
大人の自己満足で強制的に綺麗に並べることより、モノを丁寧に扱う大切さを理解しながら多少雑になっても自分なりに管理するほうが、個性があって面白みもあるかなと感じています。

年齢に応じて自立する過程を築くことが成長に必要なことで、「少しでも」この大切さがわかればいいかなと思っています。
当たり前ですが、年齢が下がれば下がるほどこのような失敗を繰り返すことをコーチ自身が理解出来ていれば、決して感情的に、理不尽に、意味なく罵声を浴びせることはないです。

上記2つのエピソードは一見簡単な課題に見えがちですが、子供たちは上記のようなエラーをたくさんしてしまうことは日常茶飯事で、頭ごなしに怒らずに何度も何度も粘り強く指摘しながら恐怖心が生まれないように工夫し、いつか改善してくれれば嬉しいと常に思っています。
もちろんコーチ陣も「またか~」と思うことはありますが、いつも笑い話のネタになります(笑)

ひとつの壁を共に乗り越え成長したというプロセスが、子どもとコーチの「信頼関係」をより強固なものにするはずです。

ここまでのことはほんの一例に過ぎませんが、サッカーと私生活がどれだけリンクしているか見て取れます。
上記のように年代に応じて分かりやすい例え話をしながら丁寧に説明すると、子供たちの理解力アップにも繋がります。

サッカーから人生に必要なことを学ぶ。
私生活の向上が、サッカーのレベルを引き上げる。

子供であろうが大人であろうが、生きている限り色々な決断を迫られることがあります。
グラーナでは、いつ?何を?どのように?なぜ?などを細かく追及し指導のカタチ作りに日々余念がありません。
グラーナに関わっている子供たち、スタッフ、保護者さんなど全ての人々の間で相乗効果が生まれ、知らず知らずに良い影響を与え刺激しあえる関係になっていることを願っています。

それでは。

Liebe Grüße
スソンコーチ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *